メインイメージ画像

保育所や託児所などの施設による幼児教育の提供について

保育所や託児所について考えてみましょう。両親の仕事や緊急の用事など止む得ない事情で自分の子供を他人に預けざるを得ない状況の時大変心強い存在が、幼児に適した教育も受けられる保育所や託児所です。一般的に国に認可されている施設を保育所と呼び、無認可施設は託児所と区別していますが、幼児期の教育にふさわしく集団生活能力を習得するのに適当である場所と言えます。

保育所については、保護者が労働や疾病で保育を満足にする時間が持てない場合に就学年齢前の乳幼児に限って保育する場という考えがあり、両親が勤務している証明書の提出が必要です。片や託児所は保育園のように厳しい規制が少ないのがメリットで、短期間に限った保育でも受け入れてくれる融通の利きやすいところがあります。また託児所の場合は24時間稼働している所もあるため、両親が夜間にシフトで働くケースや、1日家を空ける用事がある時は大変心強い保育施設です。

しかし、保育園はお迎えに来る時間が予め決定している事もあり、1日通して子供を預かってもらえない面もあります。しかし両親の所得で保育料金が決まる仕組みになっているので、基本的に安い価格で子供を長い期間通して面倒見てくれるのが保育所のメリットです。

仮に自分の子供に対し、ある程度高等である教育をしてくれるプログラムを盛り込んだ保育施設を選びたい時は、スタッフ数や施設の設備も整っている公立私立の保育所もしくは託児所の利用を視野に入れた検討が適切でしょう。

保育所に入所すると、大抵は年齢別にクラス分けされ、運動会や遠足などの団体活動も開催されるので、誰とでも親しむ事ができる協調性が育ちやすいです。また託児所についても、最近は両親の要望があれば、幼児段階からのしつけや勉学を中心に積極的に取り入れてくれる事もあります。

このように保育所も託児所も自宅では教えられない幼児教育を植え付けるのにも理想的な環境とも言えるので、両親のライフスタイルや予算を考えて、子供に対して適切な保育施設を選択するようにしたらいいでしょう。